新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月07日 21時49分 UPDATE

将棋電王戦、人間側が負け越すも「久々に情熱持てた」と森下九段 そして最終戦へ

「第3回電王戦」第4局の舞台は小田原城。両者が持ち味を発揮する白熱した対局に。「勝つことだけが全て」と勝ちにこだわる姿勢を見せていた森下九段は――。

[高橋史彦,ねとらぼ]
画像

 「第3回将棋電王戦」第4局が4月5日、小田原城(神奈川県小田原市)で行われた。大熱戦の末、将棋ソフト・ツツカナが森下卓九段に135手で勝利。コンピュータ側が対戦成績を3勝1敗とし、団体戦での2年連続勝ち越しを決めた。

 当日の小田原城は快晴。ちょうど桜の季節な上、広場では「小田原おでんサミット2014」が開催されていたため、大勢の人々でにぎわっていた。対局室は、二の丸の正門にあたる銅門(あかがねもん)内に設けられ、屋外を観光客が行き来する中、コンピュータとプロ棋士が将棋を指した。異例づくしの勝負環境となっている第3回電王戦だが、第4局はことさら特殊だったように思う。ちなみに、スタッフ・関係者用の控室はもっぱら”テント”だった。

画像 小田原城・天守閣
画像 桜の季節
画像 勝負の場所は銅門
画像 この上が……
画像 対局室
画像 隣ではおでんサミット&骨董市
画像 「小田原おでん」「沖縄おでん」「金澤おでん」など全国のおでん(13店)が勢ぞろい
画像 おでん放送
画像 関係者用のテント。報道陣もこの中
画像 テント内。キャンプのようで楽しかったが、夜は極寒……
画像 大型発電機で電源確保

電王戦の魅力

 電王戦の魅力は、やはり何といっても人間とコンピュータが真剣勝負を繰り広げること。ドワンゴの川上量生会長は、「電王戦は21世紀の文学のテーマ」との見解を示している。つまり、「人間とコンピュータの共存関係は今後どうなるのか」「コンピュータに脅かされつつある人間はどう生きるのか」などのテーマが電王戦に集約されているとみる。

画像 森下卓九段
画像 ツツカナ開発者・一丸貴則さん

 その上で、コンピュータソフトも結局は人間が作っていることから、「開発者とプロ棋士」の人間ドラマでもある。PVで紹介されているような両者のバックグラウンドを知ると、より深く楽しめる。

100文字紹介

  • 森下卓九段:伝説の真剣師・花村元司九段に師事し、17歳でプロデビュー。矢倉戦法「森下システム」の考案者でA級通算10期。タイトル戦に6度進出するも、獲得経験はなく“無冠の帝王”と呼ばれた。愛称は「律儀先生」。
  • 一丸貴則さん:第2回電王戦で船江五段と好勝負を繰り広げ勝利。当時は無職(大学院卒)だったが、一連の活躍により将棋アプリ開発などを手がける「HEROZ」にスカウトされる。2014年1月3日に入社。愛称は「103」。

白熱した勝負

画像

 第4局は、「相矢倉」という戦型になり、中盤までほぼ互角の局面が続いた。人間とコンピュータではどちらかの完勝になりやすいと言われるが、本局は両者が持ち味を発揮する戦いとなった。

 報道陣用の控室では、将棋連盟公認アプリ「将棋ウォーズ」の運営元であり、一丸さんと山本さん(Ponanza開発者)の勤め先であるHEROES(ヒーローズ)の社長らが、別バージョンのツツカナ、Ponanzaを動かして戦局を分析。後半からは、竹内さん(習甦開発者)、山下さん(YSS開発者)も加わり、世界有数の将棋ソフトが一同に検討を行っていた。

 こうした豪華な検討体制で、特に印象に残った局面は2つ。まずは、74手目。森下九段が△5七歩と指したところだが、控室のツツカナ(別バージョン)は「△5六歩で劣勢」と判断していた。しかし、実際の手はわずかに異なったため、評価値は大きく変動。生放送で使われていたBonanzaの評価もツツカナ「−74」から「+124」に転じた。

画像 74手目。控室のツツカナは△5六歩を警戒
画像 実際に指されたのは△5七歩。評価値は−74から+124に

 もう1つは、111手目。ツツカナが終盤リードしている局面だが、控室のコンピュータ陣は「次が▲1四桂ならツツカナの勝ち。▲4四角だと森下九段の大逆転」と導きだしていた。実際の手は▲3二金となりどちらも当たらなかったが、選択次第では状況が一変する可能性があった。

ツツカナ勝利。そして最終戦へ

 最後は、ツツカナが鮮やかな形で勝利。終局後の一丸さんの感想は、「完走できてホッとしました」だった。また、惜敗した森下九段の振る舞いも印象的だった。PVなどでは「(一般的には)結果しか見てもらえない勝負」「勝つことだけが全て」と、勝ちにこだわる姿勢を見せていたが、敗れた姿に悲壮感はなかった。会見でも、「久々に情熱を持つことができて非常に良い機会だった」と明るく応じていた。電王戦において、棋士が敗れたのに空気が重くならなかったケースは初めてではないか。

 さて、将棋ソフトVSプロ棋士の団体戦は第4局をもって勝負が決した。しかし、だからといって最終局の価値が減るわけではない。なぜなら“トップ棋士との力関係”はまだ不明瞭だからだ。プロ棋士の人数は約160人。大将の屋敷伸之九段は2011〜2013年度、そのうちの上位10人と言うべきA級で活躍している。

 第3局では豊島将之七段(B級1組だが、非公式のレーティングでは羽生三冠、渡辺二冠に続く第3位)が完勝した。トップ棋士ならコンピュータプログラムよりまだ優位なのかもしれない。現時点における答えの一端は4月12日に明らかになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー