新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月09日 16時33分 UPDATE

「インターネットの殿堂 2014年」発表 日本からは「インターネットの資源管理」を早くから訴えた平原正樹氏

「インターネットの資源管理」への偉大な貢献。

[太田智美,ねとらぼ]

 インターネットの発展に多大な功績を残した個人を表彰する「The Internet Hall of Fame(インターネットの殿堂)」(2014年版)が、香港時間4月8日に発表された。今年の「殿堂入り」は24人。日本からは、WIDEプロジェクト創立時代のボードメンバー(取締役会の役員)の故・平原正樹氏が選ばれた。


画像(Internet Hall of Fame Announces 2014 Inductees!)

 The Internet Hall of Fameは2012年から始まり、これまでに「インターネットの父」と言われるヴィントン・サーフ(Vinton Cerf)氏やロバート・カーン(Robert Kahn)氏らを「殿堂入り」として選出。日本人では、日本およびアジアのインターネット普及に貢献し、アジア太平洋インターネット協会の理事も務めた高橋徹氏が2012年に初めての「殿堂入り」を果たしている。


画像(平原正樹氏) 「インターネットの資源管理」の重要性を訴えた平原正樹氏

 今回受賞した平原氏は、インターネットに接続できる国がアジア太平洋地域で日本をはじめとする数カ国しかなかった時代に、「インターネットの資源管理」の重要性を訴え、「日本ネットワークインフォメーションセンター(JNIC/JPNIC)」および「APNIC(Asia-Pacific Network Information Centre)」の組織形成を行った。IPアドレスの割り当てやドメイン名の登録といったレジストリ業務の基礎作りをし、多大なる貢献が認められた。

 平原氏は、2008年7月29日に他界。その活動は、今日まで繋がるインターネットの基盤となっている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事