新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月10日 17時10分 UPDATE

1万個のドミノで「9+3」に挑戦 世界初、ドミノを倒して論理演算を行う「ドミノ・コンピュータ」が誕生するも計算結果はまさかの……

1回計算したらまた並べなおしです。

[ねとらぼ]

 「ドミノで論理演算を処理することはできないだろうか」――そんな思い付きから、ドミノでコンピュータを作ってしまった人たちがいます。



 動画ではドミノ1万個を使って巨大な「ドミノ計算機」を構築。「9+3」という高度な計算にチャレンジしようとしています(数字はその場にいた子どもにドミノを引いてもらって決定)。


画像 約1万個のドミノを使って作られた「ドミノ計算機」

画像 かつてこれほど壮大な「9+3」があったでしょうか

 でも、一体どうやってドミノで計算を行っているの? 考案者はまず、ドミノの並べ方によって4つの論理演算子「OR」「AND」「XOR」「NOT」を表現できることを発見。例えば「2本のルートのどちらか一方でも倒れていればそのまま直進」という組み方をすれば「OR」、「2本のルートがともに倒れた場合のみ直進、そうでなければストップ」という組み方にすれば「AND」が表現できます。あとはこれを複雑に組み合わせれば、コンピュータのように計算を行うこともできるというわけ。えーっと、みなさん、付いてこれてますか?


画像 ドミノで「OR」を組む方法。これはまあ分かる

画像 「AND」になるとこう。なるほど、分からん

 計算する数字が決まったら、あとはこれを2進数に置き換えて入力し(ドミノを並べ)、いよいよドミノスタート! 観衆が息をのんで見守るなか、ドミノは合流や枝分かれを繰り返しながらずんずん倒れていきます。答えも2進数で表現され、最終的に5本あるルートのどれが倒れ、どれが生き残ったかで計算結果を表わす仕組み。ルートが5本あるということは、5桁の2進数まで(10進数なら0〜31)は扱えるということですね。


画像 いよいよスタート!

画像 勢いよく倒れていくドミノ。これは順調かーーー!?

画像 ゴールはこんな感じ。倒れた列の組み合わせで0〜31の数字を表現できます

 さあ、いよいよゴールの瞬間がやってまいりました。無事に「9+3」の答えははじき出されるのか!? ドミノがたどり着いた答えは……。


画像 さあ、長かった旅もあとわずか

画像 ドン! 倒れた列を合計すると……30! さ、さんじゅう!?

 ドミノの答えは、なんと30! やったあ、9+3は30だったんだ……って馬鹿!!!

 どうやら途中、アクシデントがあって計算どおり倒れてくれなかったルートがあったもよう。わざわざ1万個もドミノを使って計算間違いとは……。しかしその飽くなきチャレンジ精神に、会場からは惜しみない拍手が送られていました。


画像 でも最後は満場の拍手でした

 詳しい仕組みを知りたい人はこちらの動画資料(pdf)も併せてどうぞ。



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事