新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月11日 19時15分 UPDATE

宇宙ステーションから地球をのぞく感覚が楽しめる! 宇宙ミュージアム「TeNQ」が7月オープン

9つのエリアでいろんな「宇宙」との出会いが楽しめる新・宇宙施設、東京に生まれます。

[ねとらぼ]

 いろんな視点で「宇宙」との出会いを楽しめる宇宙ミュージアム「TeNQ(テンキュー)」が、東京ドームシティ内に7月8日からオープンする。9つのエリアで構成され、楽しみながら宇宙の知識を深められる施設だ。


画像 宇宙との出会いを楽しむ新施設が東京ドームそばにオープン!

画像 目玉の巨大穴型シアター「シアター宙」。宇宙ステーションから地球をのぞいているみたい!

 TeNQの目玉は直径11メートルの穴型シアター「シアター宙(ソラ)」。床に穴が開いた独特の形状のシアターで、入館者はのぞき込みながら、地球や惑星の映像を宇宙から「見下ろす」視点で楽しめる。映像は4K(ハイビジョンの4倍の解像度を持つ映像フォーマット)超えの高精細で作成されたもの。国際宇宙ステーションから見下ろした地球の映像や、ほかの惑星、ハワイ島のマウナロア山で撮影した星空などが上映される予定だ。 一度の鑑賞人数は最大70人、全員が最前列でのぞきこめる作りとなっている。


画像 ミュージアムの9つのエリア……1:エントランス 2:トンネル0(ゼロ) 3:はじまりの部屋 4:シアター宙(ソラ) 5:サイエンス(ラボ含む) 6:イマジネーション 7:企画展示室 8:つながる場所 9:TeNQ宇宙ストア

画像画像 はじまりの部屋(左)とイマジネーション(右)

 ほかにも、プロジェクション・マッピングで古代から現在に至るまでの「宇宙」の流れを部屋全体で表現する「はじまりの部屋」や、球体ロボットをラジコン操作で遊べるなど参加型コンテンツにあふれた「イマジネーション」など、9つのエリアではそれぞれ異なる「宇宙」との出会いを展開。エリアは入館者の心の動きを意識したマインドストーリーをもとに構成されていて、順に体験していくことでひとつなぎのエンタテインメントとして楽しめるそうだ。

 営業時間は平日が午前11時から午後9時まで、土日祝・長期休み期間が午前10時から午後9時まで(最終入館時刻は午後8時)。入館料は一般1800円、大学生/高校生/専門学校生は1500円、中学生以下は1200円だ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー