ニュース
» 2014年04月14日 13時59分 UPDATE

キトラ古墳壁画に触れる! 奈良県明日香村以外で公開されるのは今回が初

壁画の高精細画像と科学調査の成果をタッチモニターで鑑賞。

[ねとらぼ]

 情報通信研究機構と国立文化財機構奈良文化財研究所は4月22日から5月18日の期間、東京国立博物館で開催される特別展「キトラ古墳壁画」の関連イベントとして「キトラに触れる!」展を開催する。

キトラ古墳壁画

 キトラ古墳と高松塚古墳の壁画の高精細画像及び科学調査の成果を、同館表慶館1階で42インチのタッチモニターとタブレットPCを用いて紹介する。展示をもっと近くで見たいという来場者のために、デジタル高精細画像を大画面のタッチモニターで自由に拡大縮小して鑑賞することができるようにした。実際に手で“触れる”わけではない。

 特別展「キトラ古墳壁画」は、東京国立博物館 本館特別5室において、奈良県明日香村のキトラ古墳の極彩色壁画を特別に公開するもので、「四神(しじん)」のうち白虎(びゃっこ)・玄武(げんぶ)・朱雀(すざく)、「十二支」のうち、獣の頭に人の体を持つ子(ね)・丑(うし)を展示する。壁画の発見以来、村外で公開されるのは今回が初めてとなる。

キトラ古墳壁画 見たいところへズーム!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう