ニュース
» 2014年04月14日 14時32分 UPDATE

「最も心地の悪いプロダクトデザイン」を真剣に追求したらこうなった

こんなのやだけど、ちょっとわくわくする。

[太田智美,ねとらぼ]

 持ち手が鎖状になったフォーク、つま先が開いていて水がどばどば入ってきそうな長靴、注ぎ口が持ち手側に付いているミルクポット……。デザインを研究するkkstudioは、ヘンテコな製品をデザインし、「The Uncomfortable」シリーズとしてサイトで公開している。








 実はこれ、「最も心地の悪いデザインをあえて追求してみよう」というプロジェクト。あえて使いにくい製品をデザインすることで、身近な製品の使いにくい部分などを浮かび上がらせ、より良いプロダクトデザインに反映していこうといった目的がある。

 おもわずクスっと笑ってしまうようなデザインばかりだが、普段何気なく使っているものにも案外「Uncomfortable (心地の悪い)」なデザインが隠れているのかも? このヘンテコデザインたちには、そんなメッセージが込められている。


画像(サイト)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう