新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月16日 18時29分 UPDATE

山陽新幹線、500系こだま号車両を改造した「プラレールカー」を7月から運行開始

遊んでて乗り過ごしとかありそう。

[ねとらぼ]

 今年7月から来年3月まで、山陽新幹線を運転する一部の500系「こだま」号において、「プラレールカー」が走る。JR西日本とタカラトミー、パナソニックの3社によるコラボレーションで、1編成の1号車を改造し、プラレールの大型ジオラマの展示やプレイゾーンの設置など、乗車中に子どもが楽しめるサービスを提供する。

プラレールカー 内部イメージ

 運転列車は「こだま730号」(博多午前6時33分発→新大阪午前11時14分着)の1号車と、「こだま741号」(新大阪午前11時30分発→博多午後4時3分着)の1号車。自由席のため、利用には特に予約やこのためのきっぷは必要ない。

 車内には前述したジオラマやプレイゾーンでのプラレールの無料貸し出しのほか、絵本の貸し出しや動画コンテンツを放映。500系新幹線の運転台を子ども向けにアレンジしたものを設置し、映像をリアルタイムにモニタに投影し、実際に運転しているような臨場感を体験できるようにする。

 ほかにも子ども用の制服も貸し出し、山陽新幹線の「カンセンジャーJr」やプラレールの「てっちゃん」、乾電池エボルタの「エボルタくん」といっしょに記念撮影できるスポットやスタンプ台を設置する。また、車内オリジナルプラレールやキャラクターシールの配布も予定している。

 プラレールカーの車両側面には、プラレールをデザインしたラッピングが施される。

プラレールカー 内部イメージ別角度

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー