ニュース
» 2014年04月23日 18時40分 UPDATE

岡崎京子の初の単独展覧会「岡崎京子展」 世田谷文学館で2015年1月から開催

資料を中心に多彩な資料を展示。ファンにはたまらない。

[ねとらぼ]

 「ヘルタースケルター」「リバーズ・エッジ」などを手がけたマンガ家・岡崎京子さんの表現世界を資料を通して読み解く展覧会「岡崎京子展」が、世田谷文学館(東京都・世田谷区)で2015年1月24日から3月31日まで開催される


画像 「フィールヤング」1995年11月号掲載「ヘルタースケルター」より (c)岡崎京子/祥伝社フィールコミックス

 イベントでは原画を中心に岡崎さんのさまざまな資料を展示。公式サイトでは岡崎さんの表現を「氾濫する情報や性と暴力が渦巻く切迫した環境の中でたくましく生きぬく女の子たちを描き、他ジャンルのクリエイターたちにも強烈なインパクトを与えてきた」と紹介している。

 岡崎さんの展示は、2006年に水戸芸術館(茨城県・水戸市)で行われた「ライフ展」や、2009年に青森県立美術館(青森県・青森市)などで開かれた「ラブラブショー」など、グループ展という形でこれまでも公開されることはあった。公立の文化施設で単独で取り上げられるのは今回が初めて。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー