新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年04月26日 20時08分 UPDATE

ニコニコ超会議3:プロの力士はもはや違う生物 関取とユーザーが立ち合う「わんぱく土俵祭り」で相撲取ってみた (1/2)

一般人が力士と向かい合うと、諦めのあまり笑いがこみ上げてきます。

[黒木 貴啓,ねとらぼ]

画像 プロの力士と向き合う筆者の画

 まわしを着け、土俵に上がり、本物のプロの力士にバッチーンと体当たり。ニコニコユーザーが現役関取と取り組みができる、ニコニコ超会議3のイベント「わんぱく土俵祭り」で本物の関取と相撲を取ってきた。観客としてこんなに近くで力士を見られるだけでも貴重なのに、まわしまで取り合えるなんて人生でまたとない機会だ。

 参加できるのは抽選に当たった5人のみ。20人強の中から運良く自分も当たりくじを引くことができた。ま、まさか当たるなんて……。うれしいけど、1時間後には力士たちと戦うなんて、ぜんぜん心の準備できてないぞ。残りの4人と一緒に緊張を抱えながら、まわしを着けに控室へ。


画像 こんな大舞台で戦うのーー!? 広がる不安の色


股間に初めてのまわし


画像 わんぱく力士(一般参加者)が着けるまわしとスパッツ

 当たった5人はみんな相撲は初めて。勝手が分からないのでまわしをプロの関取さんに着けてもらう。わーい、豪華すぎる。直接肌には着けず、黒いスパッツの上から回す。1本の長い反物をまたぎ、背中で折り、腰にぐるりと4周。普通の力士も普段は4周回すそうだ。「痩せすぎているから全然かっこよくならないな」と、筆者に着けながらつぶやく関取さん。


画像画像 着けてくださった力士の方々(左)と、ほかのユーザーさんに着ける様子(右)

 力士さんが引っ張りあげ、股間にキュッと引き締まる瞬間、「おぅっ」て声を上げてしまう。締め終わったあとの履き心地は、股間あたりはほどよく余裕があって快適。お尻は常に締め付けられている窮屈さがあって、個人的に抱えている切れ痔には少しヒリヒリ来た。これがまわしを巻く感覚か……「思った以上に快適ですね」と、ほかの参加者たちと具合の良さを称賛しあう。


画像 今日土俵に上がるわんぱく力士5人。左から吉田健一さん(49)、ポポラーレさん(33)、裕也さん(36)、自分、福田光太郎さん(20)

 本番直前。みんなで首やら腰やら回しながら苦笑いで勝負の時を待つ。観客の目線、土俵、力士との取り組み。初めてだらけのことで緊張するのもしょうがない。試合は、1人の関取に対し参加者が1人ずつ取り組んでいき、最後は5人全員でぶつかっていくというもの。こちらを3人の関取に行う。1人につき6番……体力持つかなぁ。


画像 土俵の裏側の待機場所

画像 いろんな力士たちがイベントの進行を仲良く見守ってました

画像 ぼくらのあとに戦う安田大サーカスのみなさん

画像 筆者と気さくに取り組んでくれた団長さん。ごっつぁんです!

画像 武井壮さんと記念写真を撮る関取さんも

画像 安田大サーカスさんのあとに取り組んだ、岸田メルさん、堀江貴文さん、ひろゆきさんの3ショット!


       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事