ニュース
» 2014年04月28日 15時57分 UPDATE

大爆死して埋め立て地に埋葬されたAtariの「E.T.」ゲームが発掘される

ある意味、歴史的遺物。

[ねとらぼ]
ah_Atari1.jpg

 最悪のクソゲーと言われるAtariの「E.T. the Extra-Terrestrial」。売れ残りすぎたために米ニューメキシコ州の埋め立て地に埋葬されたこのゲームが発掘されました。

 「発掘」はXbox Entertainment Studiosのドキュメンタリー番組制作の一環。Atari 2600のジョイスティックや「E.T. the Extra-Terrestrial」のカートリッジ、箱、マニュアルが発掘されました。大量のゲームが廃棄されたと言われており、発掘班も「もっとたくさんある」と確認しています。どのくらい地中に眠っているのかは現時点では不明。

ah_Atari2.jpg

 「E.T. the Extra-Terrestrial」は1982年にリリースされたアタリ2600用のゲーム。当時CEOだったRay Kassar氏によれば、約400万本を出荷して350万本が返品されたとか。

 発掘の様子はドキュメンタリー「Atari: Game Over」で使われる予定。同作は「X-MEN 2」「アベンジャーズ」のザック・ペン氏が監督を務め、年内にXbox OneとXbox 360向けに配信される予定です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー