ニュース
» 2014年04月30日 13時54分 UPDATE

あれ、視界が、遅れて、見えるよ──VRメガネ「Oculus」で作り出した“3秒遅れの世界”で生活するとこうなる、という動画

さあ、卵を割ってみよう! ボーリングをしてみよう!

[ねとらぼ]

 視界の映像が3秒遅れで投影されるヘッドマウントディスプレイをつけながら日常を過ごすとどうなるのか──そんな変わった実験動画がYouTubeに投稿されています。卵割りやボーリングなど、いろんなことにチャレンジするのですが、予想以上にうまくいかない感じで面白いです。


photo ボール目の前にきてるよ!!!

photo スカッ!!!

 実験に使ったのは、人気のメガネ型ディスプレイ「Oculus Rift」です。これにWebカメラやミニコンピュータ「Raspberry Pi」を連携させて、装着者の視界が3秒遅れでディスプレイに表示されるようにします。

photo カメラの映像をRaspberry Piを通じて3秒遅れでOculus Riftに投影します

 視界が現実より遅れると、例えば卵を割るにしても自分の手が今どこにあるのか正確に分かりません。Oculus Riftの装着者はふらふらとした手つきで卵を割り、ボールの外に中身をこぼしてしまいます。

 エアロビをやっても周りの動きについていけないし、卓球のボールを追いかけることも当然できません。ホットドッグにケチャップをかけると、頃合いを過ぎてもかけ続けてしまってベチョベチョに……予測不能な動きになんだか見ているだけで酔ってきます。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「はとバス」の取材をレポートする(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!