新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月01日 12時12分 UPDATE

口からしっぽが…… 水族館でサメがサメをガブリとまる飲みしそうになる大事件発生

通常では起こりえない事故だそうです。

[高城歩,ねとらぼ]

 「アクアワールド茨城県大洗水族館」(茨城県東茨城郡)の水槽「サメの海1」で4月28日、サメがサメをガブリとまる飲みしそうになるという衝撃的な事件が起こりました。水族館の公式ブログでも説明しており、ネットで話題になっています。

画像 口からしっぽが…… 画像提供:アクアワールド茨城県大洗水族館

 来場者から「サメが血を流している」と連絡を受けた職員が水槽に駆けつけたところ、体長約3メートルのシロワニが体長約1メートル50センチのネムリブカにかみつき、まる飲みにしようとしているところでシロワニの口の中からネムリブカの尾が見えているだけの状態でした。その光景に現場は一時騒然となったといいます。

画像

 シロワニはエサをかみ切るのではなくまる飲みにするタイプのサメ。およそ40分間ネムリブカを飲み込んでしまおうと四苦八苦するも結局あきらめて吐き出しました。職員は吐き出されたネムリブカを急いで拾い上げましたが、やはり何度もくわえなおされたダメージでその日のうちに死んでしまったそうです。

 一方のシロワニは歯がかけてしまったそう。現在は、大きなものを食べようとして失敗したショックもあるなかで、いつも与えているサイズの小さなエサを食べることができるのか、など普通の状態に戻すための経過観察とケアが行われています。

 「サメの海」ではできるだけ多くのサメを来場者に見てもらおうというポリシーのもと、研究目的もかねて様々な種類のサメを展示しています。サメ類を混泳させる際にはアクシデントが起きないよう種類やサイズの違い、個体の性格などを職員がしっかりと考えて組み合わせているため今回のようにサメがサメを襲うような事故はめったに起きません。

 シロワニがネムリブカをガブリとまる飲みにしようとしたのは初めてのケースだそうです。ましてこのシロワニは最近食欲不振から立ち直ったばかり。飼育担当者はシロワニに何らかのスイッチが入ってしまったのだろうと推測しています。

 同館は公式ブログで事件の詳細を報告するとともに「これを機により一層注意しなければいけないと実感しました」と述べています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー