新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月02日 11時57分 UPDATE

音楽同期サービス「iTunes Match」日本上陸! 古いCD録音曲が自動で高音質になるケースも

これはうれしい!

[ねとらぼ]

 Appleが、音楽クラウドサービス「iTunes Match」を日本でもスタートしました。

photo

 同サービスは、ユーザーが持っているあらゆる楽曲の情報をiCloudに保存し、どの端末からでもストリーミング再生あるいはダウンロードできるようにしてくれます(DRM楽曲など一部対象外)。iTunes Storeで購入した楽曲はもちろん、過去にCDから読み込んだ楽曲なども含めて、クラウド管理が可能です。「あのPCにはあの楽曲が入ってるけど、こっちのノートPCには入ってない」──みたいなことにイライラしなくてすむ便利な機能といえます。登録料は年額3980円です。

 クラウド上に保管できる楽曲は最大2万5000曲(iTunes Storeで購入した曲が含まれる場合はそれ以上)と制限がありますが、大抵のユーザーはiTunes上のコレクションをまるごとクラウド管理できるでしょう。

 ちなみに、「大量の音楽データをアップするのにすごく時間がかかるのでは?」と心配な人もいると思いますが、同サービスではiTunes Storeにある3700万曲以上の楽曲データとユーザーのコレクションを照合し、すでにiTunes Storeにある楽曲についてはアップロードしない仕組みになっています。iTunes Storeにない曲だけをクラウドにアップするので、時間が軽減できるというわけです。

 また、iTunes Storeに楽曲がある場合は「256Kbps AAC DRMフリー」の形式で再生やダウンロードが可能になります。低音質設定でリッピングした曲なども、自動的に高音質になるのです。これはうれしい!

 米国では2011年にスタートしていたサービスですが、待望の日本上陸。音楽ファンにとっては見逃せない機能です。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事