新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月12日 14時21分 UPDATE

「Ar.Drone」の会社が新しいドローン発表 Oculus Riftと連携可能

「Parrot Bebop Drone」は高画質カメラやGPSを搭載し、コントローラ「Skycontroller」を使えばVRゴーグルとも連携できる。

[ねとらぼ]

 スマートフォンで操縦できるドローン「AR.Drone」を販売しているParrotが、新たなドローン「Parrot Bebop Drone」をAUVSI(国際無人機協会)のイベントで発表した。バーチャルリアリティ(VR)ゴーグル「Oculus Rift」との連携も可能だ。

ah_parrot1.jpg

 公式サイトではまだ詳細は発表されていないが、海外のメディアによればフルHD撮影可能な1400万画素カメラを搭載し、GPSを内蔵する。カメラで撮影した映像は、スマホやタブレットの専用アプリで見ることが可能。

ah_parrot2.jpg

 ParrotはBebop Drone用のオプションとしてコントローラ「Skycontroller」も提供する。Wi-Fi通信を強化しており、最大で2キロ先まで操縦が可能。スマホやタブレットと組み合わせて使い、ジョイスティックが2本ついている。VRゴーグルと連携させると、頭を傾けることでBebop Droneのカメラ位置を変えられるという。

ah_parrot3.jpg
ah_parrot4.jpg

 発売は2014年第4四半期の見込み。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー