新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月12日 17時31分 UPDATE

缶ビールを4分で冷却、お店のように注げる「プレミアムビールサーバー 極冷」発売

冷却できる温度は4〜6度といった飲みごろから氷点下まで。ちんかちんかのルービーが、クリーミーな泡と一緒に、自宅で簡単に楽しめるよ!

[ねとらぼ]

 缶ビールをわずか4分間で飲みごろに冷やし、お店のビールサーバーのようにグラスに注げるアイテム「プレミアムビールサーバー 極冷」を、タカラトミーアーツが5月22日に発売する。

画像

 「極冷」は“冷やしたまま注げる”にこだわって開発されたハンディビールサーバー。冷却容器に缶ビール、氷と水をセットしてからスイッチを入れると、ビールをたったの4分で4〜6度に冷やすことができる(350ミリリットル缶の場合)。本体のスクリューを高速回転させて氷と水をかくはんし、缶の表面に冷水を流すことで、急速な熱交換によってビールが冷えていく仕組みだ。氷と一緒に食塩を入れると、氷点下にまで冷やすことも可能。

 冷やした後は、スイッチを切り替え本体のレバーを操作することで、お店のビールサーバーのようにジョッキやグラスにビールを注ぐことができる。レバーを手前に引くとビールが、奥に倒すとクリーミーな泡が出てくる仕様だ。

画像画像 「プレミアムビールサーバー 極冷」の使用例(左)、パッケージ(右)

 保冷時間は容器に入れた氷が溶けるまで。氷が残っている限り2本目、3本目と次の缶に交換して同じように冷やすことができる。電源は電池式(単3アルカリ電池4本)のため、自宅だけでなくキャンプやバーベキュー、夏祭り、野外フェスなどのシーンでも使用可能だ。価格は7800円(税抜)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事