ニュース
» 2014年05月15日 10時00分 UPDATE

iPhoneと連携する体組成計、タニタから 萌えトレーニングアプリにも対応

計測データを腹筋アプリや萌えキャラと一緒にランニングするアプリなどに転送して管理できる。

[ねとらぼ]

 タニタは5月30日、iPhoneと連携する新しい体組成計「インナースキャンデュアルRD-900/RD-901」を発売する。

ah_tanita.jpg

 国内メーカーでは初めて、Bluetooth経由でiPhoneに計測結果を転送して専用アプリで管理できる。アプリは下記の4種類あり、14日からApp Storeで無料配信する。

  • 筋肉トレーニングをサポートする「365日 腹筋アプリ SitApp」
  • エクササイズの成果でアプリ内のキャラクターの体形や性格が変化していく「ふとしの部屋」
  • アプリ内のヒロインと一緒にランニングでダイエットに挑戦する「ねんしょう!2+」
  • 計測結果をグラフ化して管理できる「ヘルスプラネット」
ah_nensho1.jpgah_nansho2.jpg 「ねんしょう!2+」

 インナースキャンデュアルでは、医療施設や研究分野で使用されるプロ仕様の体組成計の標準となっているデュアル周波数計測機能を採用している。家庭向け体組成計の多くは1つの周波数で計測しているため、体の水分の状態の影響を受けて計測結果が安定しない場合があったが、インナースキャンデュアルは2つの周波数を使うため精度が高い計測結果を得られるとしている。

 「RD-900」は標準モデルで、「RD-901」は50グラム単位の高精度体重計測が可能な上位モデル。カラーはカラーはブラックとホワイトの2色で、タニタオンラインショップでの価格はRD-900が1万7064円、RD-901が2万1384円となっている(税込)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう