ニュース
» 2014年05月15日 14時06分 UPDATE

ハッシュタグ「プログラマが思春期の娘に言われると傷つく一言」が、もう立ち直れない

ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい。

[太田智美,ねとらぼ]

 「#プログラマが思春期の娘に言われると傷つく一言」というハッシュタグが、プログラマを笑わせ泣かせているとのウワサが。いったいどんなツイートがされているのか、Twitterのタイムラインを追ってみました。プログラマの皆さんが立ち直れなくなると困るので、軽いものを中心にご紹介します。










 ツイートには、「またスパゲティ?」「お父さん、変数名ダサいよ」「私のヘッダー触ったでしょ!!」「何であたしの部屋入ってくるの!? カプセル化の意味、何で判んないの! パパは公開してる情報だけ知ってれば良いんだって! protected? friend? publicだけよ!」などなど、プログラマなら思わず「やめてえええ!」と叫びたくなるような言葉の数々が。

 プログラマならではのこのTwitter大喜利。解読困難なプログラムを「スパゲッティが絡まる様子」に例えた“スパゲティ”という表現をはじめとする専門用語(?)を交えながら、秀逸な作文がプログラマたちの心にグサグサ突き刺さっています。

 ほかにも「パパのコードと一緒にビルドしないで!」や「delete this.f(ry 

 ココロが苦しくなってきたので、この記事はこのへんで! 気になる方は、Togetterにまとまっているのでこちらをどうぞ。


画像(Togetter) 「Togetter」より

 そうそう! 中には「こういう娘に育てよう」という前向きな人も。パパ、がんばって(はぁと)。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう