新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月15日 16時09分 UPDATE

紙ぃいいいいいい! 「進撃の巨人」OPをシャーペンだけで描いたパラパラ漫画が心臓を捧げすぎ

パラパラ漫画っていうレベルじゃねーぞ!

[ねとらぼ]

 今なお人気が続くアニメ「進撃の巨人」のOPをシャープペンシルで手描きした動画が話題になっています。

 この作品はなんと423枚もの模写とトレスから構成されており、8か月以上かけて制作されました。動画は前半部分だけでもすでに神クオリティなのにもかかわらず、後半はサビでミカサが登場するという独自のアレンジが加えられています。エレンやミカサが立体起動装置を駆使しながら巨人のうなじをそぐ一連のシーンは躍動感とスピード感があり、とても「パラパラ漫画」とは思えません。それにしてもシャーペンだけで布の質感やモクモクと立ち上る煙、色彩の濃淡をここまで表現することができるものなのか!?

ah_shingeki1.png すげぇよ……
ah_shingeki2.png サビでミカサが登場するアレンジも
ah_shingeki3.png
ah_shingeki4.png
ah_shingeki5.png この躍動感

 動画はニコニコ動画YouTubeに投稿され、YouTubeでは「なんという才能」「今まで見てきたなかで最も素晴らしいものの1つ」と海外から称賛のコメントが多く寄せられています。この動画の作者であるanimesekai1984さんは「進撃の巨人」以外にもアニメOPをシャーペンで描くシリーズとして「ソードアート・オンライン」や「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」なども再現していますが、どれもすごすぎる。きっとシャープペンシルは作者さんにとって無限の可能性を秘めた自由の翼なのかもしれません。しかしシャーペンだけではなく、作品に心臓を捧げる覚悟と根気強さも必要です。それが実のところ一番難しかったりします……。今後の作品にも注目していきたいですね。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー