新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月19日 17時35分 UPDATE

PC遠隔操作事件、片山被告との連絡取れない状態に 弁護士「無罪の考え揺るがない」

河川敷に被告が埋めたとみられる携帯電話からメールを送った痕跡が見つかったとの報道に、警察、検察は「河川敷のストーリーに賭けている」と語った。

[ねとらぼ]

 PC遠隔操作事件で起訴された片山祐輔被告が、連絡が取れなくなっていることを、佐藤博史弁護士が5月19日に明らかにした。

ah_pc.png

 被告は同日の会見に出席せず、佐藤弁護士のみが出席した。16日にメディアなどに送られた真犯人を名乗るメールについて、捜査当局は片山被告自身が送信したとの見方を強めているという。19日午前の報道によれば、メールが送られる前日に被告が東京・荒川の河川敷を訪れたのを捜査員に目撃され、被告が埋めたとみられる携帯電話からメールを送った痕跡が見つかったという。

 佐藤弁護士は午前中にこの件について片山被告と電話で話したが、その後連絡が取れなくなったと語った。東京地検が保釈取り消しの請求を検討しているとの話に、被告は動揺していたようだったと話した。

 捜査当局は問題のメールが真犯人からのものと認めているという。同弁護士はメールを書いたのは片山被告ではなく、今このようなメールを書く動機がないと語った。警察、検察は「河川敷のストーリーに賭けている」とも。

 被告が無罪という考えはまったく「揺るがない」と佐藤弁護士は語り、保釈が取り消しになったとしても「身柄を拘束されても恐れることはない。もう1回(真犯人から)メールが来たら終わりだ」と強い口調で述べた。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事