新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月21日 17時57分 UPDATE

JR西日本が導入する新たな寝台列車がなんか強そう

定員30人程度の動くホテル。

[ねとらぼ]

 JR西日本は5月21日、新たに寝台列車を導入することを検討していると発表した。コンセプトは「美しい日本をホテルが走る 上質さの中に懐かしさを」――。ホテルのような空間を鉄道の旅に提供する。運行開始は2017年春を予定している。

JR西日本の新寝台列車 展望デッキを含む外観

 車両のインテリアを中心とした全体デザインについては、京都迎賓館をはじめホテルや各種迎賓施設にも携わる浦一也氏が、車両のエクステリアデザインについては、寝台列車やN700系新幹線のデザインを手がけている福田哲夫氏が、食事については門上武司氏が手がける。

 列車に1つしかない最上級の客室は、1両1室の広いスペースを確保し、プライベートバルコニーやバスタブ付きの本格的なバスルームを設けた客室になる。パブリックスペースとしては、編成の両端に列車の前後左右の車窓を楽しめる展望スペースの設置が予定されている。

 運行エリアは、京阪神と山陰・山陽エリアを予定している。客室車6両とパブリックスペースである食堂車1両・ラウンジカー1両・展望スペース付き先頭車2両(編成の両端)から成る10両編成となる。2クラスの客室(1両あたり1室と3室)を設け、定員は30人程度とのこと。動力はハイブリッド方式(ディーゼル発電機にて発電した電力とバッテリーアシストによるモータ駆動)となる。

JR西日本の新寝台列車 客室は豪華

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事