ニュース
» 2014年05月21日 18時15分 UPDATE

【塩湖潜入!】パラオ「ジェリーフィッシュレイク」をGoProで撮影してたら、クラゲが“ぐわんっ”と近づいてきた

クラゲ居すぎでびっくりした……。

[太田智美,ねとらぼ]

 パラオ共和国 マカラカル島にある「ジェリーフィッシュレイク」。この塩湖は、無数のクラゲが生息することで知られている。なんとこのクラゲたち、毒性が極めて低く、人間が触ってもほとんど害はないのだとか。手で触ってもダイジョウブ。

 早速GoProで撮影……と潜ったら、予想以上にすごかった!!


画像(ジェリーフィッシュレイク1) うひゃー! すごい数!!! クラゲすぎてもはや湖が黄色に見える

画像(ジェリーフィッシュレイク2) 下から撮ると幻想的

画像(ジェリーフィッシュレイク3) ここは本当に私たちの住む地球と同じ地球(ほし)なのだろうか……

画像(ジェリーフィッシュレイク4) 手で触ってもダイジョウブ

画像(ジェリーフィッシュレイク5) “ぐわんっ”アップで見るとちょっとグロテスク!?

 ちなみに、ここに住むクラゲは光合成のため時間帯によって湖を集団移動しているようだ。中には「レア」なクラゲも。多くのクラゲは頭に十字の模様を持っているが、「3本のベンツのマーク模様」「雪のマークのようなアスタリスク模様」「星形模様」のクラゲを見つけたらラッキーとのこと。


画像(ジェリーフィッシュレイク6) クラゲの頭の十字模様

 ジェリーフィッシュレイクは上下2つの層からできており、水深15メートル付近で酸素濃度がゼロになるため、下層では生物が全くいないそう。この塩湖は、約2300万年〜500万年前にできたもの。生物の往来がしにくく1万年近く天敵がいなかったため、ここのクラゲたちには毒性がほとんどないという。「ほとんど」というのは、皮が弱いくちびるにクラゲを当て、キスしてみると理解できるだろう。ピリピリとほんのわずかではあるが、クラゲが抵抗しているのが分かる。刺激的なキスを求める人にはたまらない(?)。

 それでは、最後にGoProで撮影したとっておきの動画をどうぞ。たくさんのクラゲがあたり一面を泳いでいる中、偶然“ぐわんっ”と近づいてくるクラゲ。クラゲの足の内側ってこうなっているのね。



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう