新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年05月27日 15時18分 UPDATE

日本上陸! Googleの「Chromecast」で何ができるの? いざ開封の儀

米国で発売されてから1年弱。予想以上に売れたので日本発売はこの時期になりましたとさ。

[宮本真希,ねとらぼ]
画像

 既報の通り、Googleの「Chromecast」がいよいよ明日(5月28日)日本に上陸します。米国では昨年7月に発売され、TIME誌による2013年の「ガジェットトップ10」で1位に選ばれました。日本は14番目の販売国。先行する地域で予想以上に売れてしまい、生産や物流への対応があったため、この時期の販売となったそうです。価格は4200円となかなかお手頃。一体このChromecastで何ができるのか見ていきましょう。いざ開封の儀!!!

画像 日本語パッケージですよ! 日本上陸ですよ!
画像 さして つなげて たのしむ 簡単っぽいぞ
画像 内箱カモーン。おなじみのChromeロゴです
画像 オープン!
画像 小さいですね
画像 ここに電源ケーブルの差し込み口があります
画像 箱の下にケーブルが入っていました

 ChromecastはUSBメモリくらいのコンパクトなサイズ。テレビのHDMI端子に差し込み、Wi-Fiネットワークに接続すれば、ストリーミング端末として使えるようになります。製品パッケージに「さして つなげて たのしむ」と書かれているようにGoogleはこの手軽さを商品の売りとしてアピールしていて、27日に開催された発表会でも何度も「シンプル」「簡単」といった言葉が繰り返されていました。

画像 同社エンジニアリング統括ディレクターのマージド・ベイカーさん。何度も「手軽さ」をアピールしていました
画像 テレビの裏側に差し込んで使います

 このChromecastを経由することで、テレビでも動画などのネット上のコンテンツを楽しめます。例えばスマートフォンやタブレットでYouTubeのアプリを立ち上げ、専用アイコン(キャストアイコン)をタップすると、指定した動画がテレビに表示されます。動画の早送りや巻き戻し、音量の調節などの操作も手元の端末から可能。スマホやタブレットがテレビのリモコンに早変わりします。

画像 キャストアイコンが見えるじゃろ?
画像 タップするじゃろ?
画像 こんな感じでテレビに映るんじゃー! 
画像 スマホやタブレットはリモコン代わりに。右の端末でシークバーをいじると、左の端末も即同期されていました

 一度、動画を指定すると、あとはChromecast自身がネットにつながってストリーミング再生しているので、この後に手元の端末で電話に出たり、別のアプリを立ち上げたり、スリープモードにしたりしても問題なし。マルチタスクOKです。YouTubeアプリでは再生リストを作ることも可能で、指定した動画が次々にテレビで自動再生できます。

 Chromecastはさまざまなプラットフォームに対応しており、Android端末だけでなくiPhone、iPad、Webブラウザ「Chrome」(Windows版/Mac版)から操作が可能。Chromecastと連携できる機能を持ったアプリはYouTube、Google Play、NTTドコモの「dビデオ」、KDDIの「ビデオパス」など。アプリにChromecast機能を追加するためのSDKが公開されているので今後対応アプリは増えていくはずです。

画像 Google Playで買った映画をテレビで見たりできる

 さらにβ版の機能として、Windows版/Mac版のChromeで開いたタブをテレビにミラーリングさせることができます。Chrome上で閲覧できるコンテンツ(Webサイト)であれば何でもテレビに映せるのです。例えば皆さんおなじみ「ニコニコ動画」は先ほどの対応アプリの一覧にありませんが、Chromeでニコニコ動画にアクセスすれば、テレビに映せちゃうというわけです。

画像 ストリートビューをテレビに表示したら大迫力
画像 Chromeのキャストボタンはここにあります
画像 大きいテレビでねとらぼ見たい人ーーー!

 価格は4200円。Google Play、Amazon.co.jp、ビックカメラグループ(コジマ、ソフマップ含む)、ヤマダ電機グループ(TSUKUMO、ベスト電器含む)などの店頭・ECサイトで販売します。Google Playでは3〜5営業日で届く見込みとのことです。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー