ニュース
» 2014年06月03日 19時47分 UPDATE

なにこれ豪華すぎる! JR東の「クルーズトレイン」デザインを公開 高級ホテルみたいなメゾネット客室も

2017年春頃に運行開始予定です。

[ねとらぼ]

 JR東日本は6月3日、2017年春頃に運行開始予定の豪華列車「クルーズトレイン」のデザインイメージを公開した。コンセプトは「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」。フェラーリや新幹線E7系などのデザインで知られる奥山清行さんがプロデュースした。

画像 外観

 列車は、展望エリア付きの動力車2両、ラウンジ車1両、ダイニング車1両、デラックススイート車1両、スイート車5両の計10両編成で、外観・内観デザインともに車両ごとの快適さや機能性に則したものを目指すとしている。

画像 【展望エリア】大きな窓ガラスを配したデザインで、前方眺望が楽しめる
画像 【ラウンジエリア】オープンなパブリックスペースとなるよう天井は高め
画像 【ラウンジエリア】樹木のような有機的な窓も
画像 【ダイニングエリア】流れる車窓を見ながら、土地の旬を食し、この旅をともにする人たちと語らう時間を演出
画像 【ダイニングエリア】モダンに和のテイストを取り入れた

 例えば、両端の先頭車には「自然の雄大さ、開放感、移動するダイナミズム」を体験できる展望エリアを設置し、ラウンジエリアでは、大きなエントランスホールを設けるなどして、「ホテルを感じさせるおもてなしや旅の高揚感、非日常感」を演出する。

画像 【デラックススイートルーム】メゾネットタイプ
画像 【デラックススイートルーム】景観を楽しめるスケール感のある階上部と、クローズした空間が安心感をもたらす階下部の2構成(メゾネットタイプ)
画像 【スイートルーム】全15室。うち1室はバリアフリーに対応
画像 【スイートルーム】日本の美意識をモダンな意匠に盛り込みながら、フラットなフロア構成で安らぎと開放感を演出

 客室は、デラックススイートルーム2室と、スイートルーム15室の予定。デラックススイートルームは、メゾネットタイプとフラットタイプの2種類を用意し、どちらもテーマは「空間の贅沢(ぜいたく)さと上質さ、和のモダン」になるという。

 6月下旬には映像コンテンツなどを盛り込んだクルーズトレイン専用サイトを開設する。なお各デザインイメージは現在検討中のもので、今後変更になる可能性あるとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー