新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年06月06日 15時26分 UPDATE

“宇宙×芸術”の展覧会が東京都現代美術館で 「だいち2号」実物大模型にプロジェクションマッピングなど展示

リアルな宇宙とアーティストによるイマジネーションの宇宙についての展示が見られる。

[ねとらぼ]

 東京都現代美術館(東京都江東区)は、宇宙とアーティストをテーマにした展覧会「ミッション[宇宙×芸術]−コスモロジーを超えて」を、6月7日〜8月31日に開催する。

ah_space1.png 西澤 丞 & ソニー・ミュージックコミュニケーションズ《イプシロン・ザ・ロケット ー新型固体燃料ロケット、誕生の瞬間》 2013年 (参考図版)

 展覧会では、研究開発が進むリアルな宇宙と、アーティストの表現としての内的宇宙を紹介。人工衛星やロケット関連の資料、宇宙にかかわる文学・マンガ・アニメ、体験型作品など約50点を2フロアにわたって展示する。

ah_space2.png 大平貴之 《SUPER MEGASTAR-IIとオーロラ》 2008年 (参考図版)

 体験型作品としては、スーパープラネタリウム「MEGASTAR」シリーズによる星空の投影、身体を動かしながら無重力空間をイメージできる「スペースダンス・イン・ザ・チューブ」、宇宙から地球をとらえた高精細映像の上映などを用意。陸域観測技術衛星2号「だいち2号」の実物大模型に高さ19メートルの滝をプロジェクションマッピングした、チームラボの新作も初公開される。

ah_space3.jpgah_space4.png 左:憑依する滝、人工衛星の重力/ Universe of Water Particles under Satellite’s Gravity チームラボ, 2014,デジタルインスタレーション(19000mm) 右:チームラボ 《Cold Life / 冷たい生命》(書:紫舟) 2014年 (参考図版)
ah_space5.png SPACE FILMS 《GOES TO SPACE B倍×2 ポスター》 2002年 (参考図版) 広告主:大塚製薬/制作:電通、太陽企画
ah_space6.png 三菱重工業株式会社 《ロケット用第1段エンジン(LE-7A)燃焼試験風景》 (参考図版)

 開催時間は午前10時〜午後6時。7月18日以降の毎週金曜日は午後8時半まで入場可。休館日は月曜日(7月21日は開館)、7月22日。料金は一般1300円、大学生・専門学校生・65歳以上1000円、中学生・高校生800円。小学生以下は無料。

ah_space7.png なつのロケット団《 離床する、なつのロケット団のロケット「いちご(」2012年7月28日打上)》(参考図版)

主な参加アーティスト

逢坂卓郎、大平貴之、木本圭子、森脇裕之、名和晃平、鈴木康広、チームラボ、ARTSAT:衛星芸術プロジェクト 、oblaat(谷川俊太郎、三角みづ紀、最果タヒ、穂村弘)、松本零士、SPACE FILMS、なつのロケット団、スペースダンス・イン・ザ・チューブ、イ・ヨンジュン、ユリウス・フォン・ビスマルクほか

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事