新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年06月16日 19時17分 UPDATE

真のローショニストたちが集う「ローション大運動会」で全身ヌルヌルになってきた

1トンのローションを使いました。

[太田智美,ねとらぼ]

 私たち、ヌルヌルなんです。

 そう。6月14日、約1トンのローションを使った大運動会が開催されました。参加費1万800円(税込)にもかかわらず、参加者数はなんと124人! 初対面の人とヌメヌメ戯れながら、ヌルヌルな1日を過ごしました。


画像

 「ローション」という響きに惑わされてはいけません。これは、スポーツなのです。ちょっとヌメヌメしただけの、正真正銘の運動会なのです。

 安全のために、ヘルメットを装着。床は、やわらかいマットです。コツは、転ぶときに柔道の受け身の姿勢をとることです。

 まずは準備体操から始めます。ラジオ体操第1〜! (ジャンプのところでスッテン転ぶけどね!)



 もちろん運動会の種目もおなじみのものばかり。「ローション大玉転がしリレー」に「ローション障害物競走」「ローション綱引き」など、頭にローションという単語がちょっと付け加えられただけで、ルールも競技内容もご存じの通りです。ちょっと床がヌメヌメしているだけなんです。ちょっと肌が湿っているだけなんです。


画像 ローション大相撲バトルロワイヤル

画像 ローション綱引き。掛け声はもちろん「ローション! ローション!」

画像 うまい棒の服を着た女性も参加していました

 競技中には「ナイスローショーン!」「ナイスローショーン!!」という掛け声が飛び交います。お互いを励ましあうスポーツマンシップ、ステキですね。




 会場には「利きローション」のコーナーや「ヌルガーデン(ヌルヌルビアガーデン)」も併設。ヌルガーデンでは、ヌルヌルのローションで冷やされた「ヌルヌル生ビール」「ヌルハイボール」「ヌルチューハイ」などが売られていました。

 せっかくなので、テキーラをローションで割ったカクテル「ヌルテキーラ」を注文。ローション、飲んでも大丈夫なの!?


画像 利きローション


 イベントで使われているローションは全て、中島化学産業が手掛ける「ローション・ペペ」を使用。イベントに駆け付けた社長によると「このヌルヌルは昆布に似た合成化学物質(食品にも使用されている添加物を主原料に作られているらしい)で、無色透明・無味無臭・人畜無害が売り」だそう。ならば飲んでも安心(!?)ということで、いざ試飲っ! お味は……(汗)。



 イベント終了後は、シャワーを浴びます。ローショニストによれば、ローションはせっけんを付けてもなかなか落ちないため、叩いて落とすのだそう。また、参加した女性たちの間では「塩がいいらしい」と、あらかじめ塩を準備してきた人も。さすがはテクニシャン!!!


画像

 ちなみに、筆者もカーリングの玉になってきました。よーく滑るように、めっちゃローションかけられたぁあああ!



Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事