新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年06月18日 20時33分 UPDATE

「中堅」でも4200万? 漫画家・松山せいじさんが年収公開 「夢をもってください!漫画家に!」

確定申告書類をTwitterにアップして話題に。

[ねとらぼ]

 「エイケン」「ゆりてつ 私立百合ヶ咲女子高鉄道部」などで知られる漫画家の松山せいじさんが、自身の収入事情をTwitterで公開しました。

 松山さんは、仕事の多かった年には3000万、4000万の売り上げがあったとし、証拠として2008年度の確定申告書類をアップ。そこには約4200万円という金額が記されていました。同じ投稿で、「最近漫画家さんの貧乏自慢が多く夢が無いみたいな風潮なので」と公開した理由を説明しています。

 ネット上には6月9日〜13日にかけて、漫画版「新世界より」の作者・及川徹さんや、「デスペナ」の原作者・押川雲太郎さんが、それぞれ厳しい懐事情を公表しており、そうした流れをくんだものと思われます。その上で「僕程度の一時期中堅だった漫画家でも仕事をいっぱいした年度はこういう数字をだせるんですよ。夢をもってください! 漫画家に!」とエールを送っていました。

 なお、2008年度の収入額は、携帯マンガサイトで連載していた青年向けラブコメ(ぶっ☆かけ)が好調だったことが理由で、翌年は税金で苦労したそうです。また、「諸経費の事はあえて言及していません」と追記していましたが、評論家の永山薫さんとのやりとりでは、「週刊だと2000万とか人件費が飛びますしね(^^;;」と現実的な面についもコメントしていました。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ご応募お待ちしております。

IMALUという名は「生きてるだけで丸もうけ」というさんまさんの座右の銘から。

“バリュータイプ”の新ディズニーホテル「東京ディズニーセレブレーションホテル」を一足先にチェックしてきました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事