ニュース
» 2014年06月19日 20時47分 UPDATE

「PSO2」第三者からのDDoS攻撃によりサービス一時停止を決定

いまだ復旧の見込みは立たず。

[ねとらぼ]

 セガが運営するオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」が不特定な第三者からのDDoS攻撃を受け、サービスが利用できない状態となっています。6月19日午後8時の時点でいまだ改善の見込みは立っておらず、セガは一時的に「PSO2」のサービスを停止すると発表しました。


画像 第三者からの攻撃によるサービス一時停止について

 障害は6月19日の夜から発生しており、公式サイトのお知らせによると、原因は「不特定な第三者による弊社サーバー群を狙ったDDoS攻撃」とのこと。運営側では再開を目指して対応を続けているものの、IPアドレスの偽装により攻撃元が特定できず、現状では状況改善の見込みについても「お伝えできない状況」だそうです。

 なおサーバー上のプレイデータに問題はないとのこと。お知らせは随時更新されており、サービスの再開時期については「続報をお待ち下さい」としています。


追記

 6月19日午後11時時点のお知らせによると、攻撃は依然継続しており、今夜中の復旧は難しい状況とのこと。さらなる続報は20日午後1時に発表される予定。また21日の「ファンタシースター感謝祭2014」大阪会場については、当日のサーバー状況にかかわらず開催されるそうです。

6月20日午前9時50分追記

 DDoS攻撃がPSO2公式サイトにも開始されたため、公式サイトも一時停止に。停止中は公式Twitter公式ブログで告知を行っていくとしています。

6月21日午前10時追記

 第三者による激しいDDoS攻撃が継続して行われており、サービス再開時期の見込みがまだ伝えられない状況とセガが報告。23日午後2時に再度状況を知らせるとしています。ユーザーには何らかのおわびを検討しているとのこと。

ah_pso2.png サイトにはメンテナンスにより閲覧できないとの通知が表示される

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー