ニュース
» 2014年06月20日 14時28分 UPDATE

「侵略!イカ娘」の作者が任天堂の“イカ娘”に興味津々 イラストも投稿

イカ娘とイカ娘のコラボなるか?

[haruYasy.,ねとらぼ]

 週刊少年チャンピオンで連載されているマンガ「侵略!イカ娘」の作者・安部真弘さんが、先日の「E3」で発表された任天堂「Wii U」の新作ゲーム「Splatoon(スプラトゥーン)」が気になりすぎているようです。

ah_ika.jpg イカ娘が活躍するシューティングゲーム

 「スプラトゥーン」は6月10日から12日までアメリカ・ロサンゼルスにて開催されていた世界最大のゲームショウ「E3」で任天堂が発表したWii Uの新作ゲーム。イカをモチーフにしたキャラクターたちが水鉄砲のようなものでカラフルなインクを撃ちだし、フィールドを染め上げながら戦うシューティングゲームとなっています。

 安部さんは「イカFPS」という言葉にときめき、「スプラトゥーン」発表から数時間後にTwitterでイラストを投稿。さらに「侵略!イカ娘」テイストの「スプラトゥーン娘」も描いています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの調査―― 中二病って本当に中学2年生で発症するの? 現役中学教師に聞いてみた!(後編)

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー