ニュース
» 2014年06月23日 19時03分 UPDATE

その名も「ダンジョン飯」 倒した魔物をおいしそうに調理するファンタジーグルメ漫画が話題に

あらやだ食べたい。作者は実力派の九井諒子さん。

[ねとらぼ]
画像 ダンジョン飯

 地下ダンジョンで遭遇した魔物を調理して食べてしまうファンタジーグルメ漫画「ダンジョン飯」が話題になっています。

 「ダンジョン飯」は、漫画誌「ハルタ」(KADOKAWA)で今年2月に連載スタート。6月現在で第5話まで進行していますが、単行本にはまだなっていません。作者の九井諒子さんは、Web漫画などで頭角を現した人物。ファンタジーをベースにした独特の世界観を持ち、昨年の文化庁メディア芸術祭では、短編集「ひきだしにテラリウム」がマンガ部門優秀賞を受賞しています。

 そんな九井さんの初長編が「ダンジョン飯」。大筋は、ドラゴンに食べられてしまった妹を救うため戦士一行がダンジョン深部を目指すというストーリーです。ただし、主人公らは一度全滅しかけたことにより金欠状態に。そこで、魔物を食べながら進むことを決め、魔物料理に詳しいドワーフの助力を得て探検にくりだします。

画像 掲載誌のハルタ

 ダンジョン攻略はRPGのコミカライズ版みたく進行していくのですが、倒した魔物の調理シーンは料理漫画のように本格的です。例えば最新話では、魔物の巨大な肉塊をダンジョンの罠(刃)で分断した後、「大蝙蝠(おおこうもり)の肉は皮を厚めに剥ぎぶつ切りに」「(マンドレイクの)手足部分は色の濃い部分を軽く剥ぐ」「水にバジリスクの卵をとき小麦粉をふるい入れる」など約5ページにわたって解説。そうして出来上がった「マンドレイクのかき揚げと大蝙蝠天」は、ちゃんと美味しそうな料理になっていました。なお、完成品は材料一覧と栄養バランスがセットで描かれます。

 ちなみに、パーティーメンバーのうち魔法使い(エルフの少女)は基本的に「魔物を食べたくない」というスタンス。それでも「やだやだ絶対やだ」「いらんわー」など文句を言いながら、いざ空腹に負けて食べてみると「うわっおいしい!」と一変したりします。とても表情豊かなキャラで「とにかくかわい」「萌える」と評判です。

 掲載誌の「ハルタ」といえば、「坂本ですが?」や「健全ロボ ダイミダラーOGS」など尖った作品を送りだしたことで知られていますが、また新たなブームを巻き起こす予感がします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

コミック アース・スター×ねとらぼ:都道府県擬人化バトル「四十七大戦」出張連載

  1. 「板長が暇つぶしに切った大根」が暇つぶしってレベルじゃねーぞ! 江戸時代から伝わる技法があまりにもアート
  2. 「はちま起稿」買収問題、DMM社員はどう見たか 「正直、気分は良くない」「色々な意味で倫理にもとる行為」
  3. 本当にプレイできるゲーム筐体型家具まで開発 新ジャンル「ゲーミング家具」を掲げる家具屋さんの本気を聞いた
  4. 「はちま起稿」買収騒動から4週間、沈黙続くDMM・インサイトの現状は―― まとめサイトの「運営隠し」は何が問題なのか
  5. 男子学生の恋愛ドラマかと思いきや……急展開すぎるだろ!! 米国NPO団体が実際に起こっている悲劇を動画化
  6. ニンゴジラ「ひや、マイニンテンドーストア混んでますわ〜」 アクセス集中で登場する謎の怪獣、任天堂にデザイン意図聞いた
  7. 異議あり(物理)! モンハン×逆裁コラボで「マスコットキャラで敵をぶん殴る成歩堂」などクレイジー場面続出
  8. うちの母のお弁当、そんなに面白いですか? 編集部員のお昼を公開【母弁写真32枚】
  9. 「リゼロ」レムの誕生日ケーキが発売 双子の姉・ラムファンから悲しみの声があがる
  10. 「ゲームに飽きたんじゃない、成長しないことに飽きたんです」 プロゲーマー・梅原大吾が語る“ゲームに飽きる理由”に共感集まる

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー