新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年06月25日 14時30分 UPDATE

日本のSF作品に焦点を当てた展覧会「日本SF展・SFの国」 世田谷文学館で開催

星新一や小松左京、手塚治虫、筒井康隆、真鍋博などなど……SF作品はどのように日本へ浸透していったのかを学ぶ。

[ねとらぼ]

 日本でSF(サイエンス・フィクション)作品がどのように浸透していったかをテーマにした展覧会「日本SF展・SFの国」を、世田谷文学館(東京都世田谷区)が7月19日から9月28日まで開催する。

画像 展覧会ポスターグラフィック。日本にSFはどのように広がったのかを学ぼう

 展覧会そのものを「日本SF大学校」に見立てて資料を展示する。SFという表現を信じた作家たちが人々に何をどう伝えようとしたのか、“来校”客に読み解いてもらうという内容だ。

 コーナーの1つ「日本SF概論」では、日本SFの父・海野十三の生涯と作品の魅力を所蔵資料で紹介する。ほかにもマンガ家のとり・みきによるオリジナルアニメ「日本SF史アニメーション(仮題)」を公開するなどして、日本SF史をおさらいする。

画像 1963年創立の「日本SF作家クラブ」。一般的に認知されていなかったため、旅先の旅館で「サッカークラブ」の名で迎えられたという伝説の証拠写真

画像画像 星新一と小松左京が交流する写真(左)、星新一「人造美人」と「ボッコちゃん」下書き(右、個人蔵)

 「日本SF専門講義」では、日本SF第1世代(星新一・小松左京・手塚治虫・筒井康隆・真鍋博)の作家の重要なキーワードから資料を展示する。ほかにも「ゴジラ」シリーズなどで知られる特撮監督・円谷英二がもたらした特撮技術の発展やSFへの功績の紹介など。また「日本SF<演習>」では、マンガ家・浦沢直樹の「20世紀少年」といった日本SFを受け継ぐ現代の作品を取り上げる。

画像 「緊急指令 10-4・10・10」の電気銃と「ウルトラマンタロウ」のZAT ヘルメット(世田谷文学館蔵) (C)円谷プロ

 会期中はさまざまなイベントも開催する。8月2日はSF映画「猿の軍団」の上映会とトークショー、9月7日は浦沢直樹とSF作家・難波弘之によるトークショーとライブ、9月14日は筒井康隆本人による最新作の朗読会、9月28日はSF作家の豊田有恒と夢枕獏の対談「日本SFの未来」など、SF関連のトークショーやワークショップが盛りだくさんだ。

画像画像画像 浦沢直樹(左)、難波弘之(中央)、筒井康隆(右、提供:朝日新聞社)

 開館時間は午前10時から午後6時まで(入館は午後5時30分まで)、休館日は月曜日(ただし7月21日、9月15日は開館し、7月22日、9月16日は休館)。入館料は一般800円。展示やイベントの詳細は公式サイトで公開している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事