新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月02日 13時58分 UPDATE

連載が開始2日前に中止に…… マンガ家がブログで報告 「進撃の巨人」作者も「信じられない」とコメント ※追記

マンガ家・やまもとありささんが、決まっていた自身の初連載が開始2日前に中止になったとブログで公表。原因には「有害図書指定の可能性」が。

[ねとらぼ]

 コアミックスのWebマンガサイト「ぜにょん」で決まっていた自身の初連載が開始2日前に中止になったと、マンガ家・やまもとありささんが7月1日のブログで書いている。原因は、連載予定だった作品が有害図書指定に当たりうると判断されたからだそうだ。


画像 やまもとありささんのブログ「まんまんかきかき

 やまもとさんの連載は6月29日より「ぜにょん」上で始まる予定だったが、27日に編集者から急きょ取りやめるとの連絡が入った。コアミックスは徳間書店に出版委託をしており、徳間書店の担当者は連載予定の作品が有害図書指定に当たる可能性があるため出版できないと判断。それを受けて「単行本が出せないものを連載しても意味がない」とコミックゼノン編集部が判断し中止に至ったという。

 やまもとさんは中止を受けたときの心境について、「原稿5話分と、5枚のカラーと何話かネームを書き溜めていて、公開日が近づき楽しみにしていたところだったので、しばらく事実が飲込めず誰にも何も言えないままでした」と告白。特に批判も書くことなく、「次はいい報告ができたらとおもいます、これからもがんばります」と締めくくっている。


画像 諫山創さんもブログでコメント

 これについて、「進撃の巨人」作者・諫山創さんは自身のブログで「信じられないこと」だとコメント。やまもとさんにアシスタントをしてもらっていたときにちょうど連載が決まったらしく、「〆切数時間前の職場が華やいだのを覚えてます」と振り返る。「少なくとも掲載される漫画の内容は、数ヶ月前の連載会議で通されたもので 作者としては、この表現が世に出るのだと、その時に決定づけられるのです」など、連載の決定と中止がマンガ家にとってどのような事態なのか語っている。

 「ラブひな」「ネギま!」などを手がけ、マンガサイト「Jコミ」の代表でもある赤松健さんはTwitterで、「もし今回の『児ポ法改正案』で附則第2条(漫画アニメの規制調査)を削除してもらえなかったら、この手の騒ぎが大量に発生していたはず。困ったもんだ」と、表現規制について難を示した。



 やまもとさんのブログの内容が事実かどうかコアミックスに問い合わせたところ、「担当者・編集長は不在」としてコメントを得られなかった。詳細が確認でき次第、記事に追記する。


7月4日午後8時追記

 編集部に問い合わせたところ、ブログに書かれていた内容はほぼ事実どおりと認め、話題になっていたことは編集部でも把握していたとのこと。「やまもと先生にはご迷惑をおかけしてしまい、深くお詫び申し上げます」(担当者)

 担当者によると、編集部でも6月29日に連載開始するつもりで進めていたが、表現の仕方について倫理基準に照らし合わせて検討した結果、やはり掲載が難しいと判断(ブログでは「有害図書指定に当たる可能性がある」としていたが、これは直接の理由ではないとのこと)。中止の連絡が直前になってしまったことについては「掲載媒体がWebだったため最終判断が遅れてしまった」と謝罪した。

 また、やまもと先生とは今後について今現在も話し合いを進めており、今回の作品を掲載する予定は今のところないが、「次回作など含め、違う形でぜひ連載していただければ」とのことだった。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー