新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月04日 18時33分 UPDATE

ドラえもんの塗り絵が動く、飛び出す グリコのおまけが、なんだこりゃすげーと大人気

ポッキーやビスコについている塗り絵にスマホアプリをかざすと……。

[ねとらぼ]
画像

 ドラえもんに色を塗ると立体になって動き出す――そんな「動くぬりえ」がネットで話題になっています。江崎グリコのお菓子のトレイが塗り絵の台紙になっていて、専用のスマートフォン向けARアプリをかざすと、ドラえもんが飛び出してくるのです。あらやだ、楽しい!!!

画像

 遊べる商品は「ポッキー」「ビスコ」など9種類。いずれも8月公開の3DCGアニメ「STAND BY ME ドラえもん」とコラボしていて、パッケージのドラえもんやのび太が目印です。塗り絵の台紙はパッケージのトレイか内面にプリントされています。デザインはタイムマシンやどこでもドアなど5種類あるようですよ。

画像 お菓子を買いました

 そんなわけで早速「動くぬりえ」に挑戦してみました。青いペンでドラえもんのボディをぬりぬり。別の台紙は赤や黄色で塗ってミニドラ風です。どこでもドアはピンクでしょー、タイムマシンはえっと何色だっけ……とか思いながら、久しぶりの塗り絵に夢中になりました。ちょっとはみ出たり、色がまだらになったりしましたが、そこはご愛嬌ということで(汗)。

画像 トレイに塗り絵

 アプリを起動してスマホのカメラを台紙にかざします。すると3、2、1とカウントダウンが始まり、うおおおお! 塗り絵のドラえもんがポップアップ!!! 飛び出す絵本みたいに立体になって動き出しました。しかも先ほど塗った通りの色がそのまま反映されています。いやん、ドラえもんの後頭部が色ムラ……。でも“自分だけのドラえもん”だと思えば楽しいよ?

画像 キタ━(゚∀゚)━!
画像 後頭部が色ムラになってもうた
画像 こっちはミニドラ風
画像 通りぬけフープであっち側へ行ってしまうドラえもん
画像 2Dだったドラえもんが3Dになって4次元へ旅立つもよう

 アプリはiPhone/Android向け。台紙がなくなったら、専用サイトからダウンロードして自宅でプリントして遊べます。Twitterでは、ドラえもんを「銀魂」のエリザベス風に塗っている作品も話題になっていたので、工夫次第でいろんな変わり種ドラえもんを生み出せそう。さて夢中で遊んでお腹が空いたのでポッキー食べたいと思います。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー