ニュース
» 2014年07月07日 12時14分 UPDATE

ルフィ空白の2年を描く完全新作「ONE PIECE」特別編放送決定

原作にはない幻のエピソード。尾田先生書き下ろし敵キャラ登場。

[ねとらぼ]

 「放送15周年特別作品 ワンピース“3D2Y”エースの死を越えて! ルフィ仲間との誓い」が、8月30日午後9時から、フジテレビ系列の土曜プレミアムにて放送される。

ONE PIECE

 「ONE PIECE」では、主人公のルフィが頂上決戦で兄・エースを失い、仲間とも離ればなれになり、2年間の潜伏および修行を行う。今回の原作にはないオリジナルストーリーではそのルフィの“再生”が描かれる。どんな「修行」だったのか、いかに「覇気」を習得したのか、「3D2Yという暗号」の秘密とは……。

 今回は、レイリーやハンコックだけでなく、バギー、Mr.3、ミホーク、ペローナ、サカズキ元帥など滅多に集結することのないメンバーが登場する。戦う敵は、原作者の尾田栄一郎さんが書き下ろしたキャラクターが登場する。

あらすじ

 マリンフォードでの頂上戦争において、兄・エースを失ったルフィは、改めて仲間の大切さを実感。深い悲しみを乗り越え、レイリーとともに覇気を習得するため、天険の地・ルスカイナ島で2年間の厳しい修業に入っていた。

 そんな折り、1人の男の出現が世界を揺るがす。大監獄・インペルダウンのレベル6から脱獄した男・バーンディ・ワールドが、かつての仲間を引き連れ、海軍の軍艦、有力海賊達を次々と撃破していたのだ。

 世界政府は早急に王下七武海を招集。しかし、それを知ったワールドは、逆に王下七武海を捕らえ、大いなる野望実現のための囮(おとり)として使うことを画策する。そのターゲットに選ばれたのは、ルフィ達とも縁の深いボア・ハンコックその人。

 果たしてハンコックは、「世界の破壊者」の異名を持つワールドの手に落ちてしまうのか? そしてルフィは!? 描かれることがなかった修業期間中のルフィの活躍が今、明かされる。


ONE PIECE

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう