新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月07日 18時59分 UPDATE

雅(みやび)じゃぞ 輪島塗りと加賀友禅をイメージした「七尾線観光列車」運行へ

走る伝統工芸。

[ねとらぼ]

 JR西日本は7月7日、北陸を代表する和と美を表現した観光列車を「七尾線」で運行すると発表した。車両は伝統工芸の「輪島塗り」や「加賀友禅」をイメージしたデザインとなる。運行は来年10月からを予定しており、金沢〜和倉温泉駅間の特急列車として運転する。羽咋(はくい)駅と七尾駅に停車し、1日2往復の予定。

七尾線 車体外観は「和と美」を表現。輪島塗りや加賀友禅をイメージした

 北陸新幹線の開業と北陸デスティネーションキャンペーンに合わせたもので、伝統工芸品の車内展示や、北陸ならでは食の提供・車内添乗サービス、駅から先のアクセスなどハード・ソフト両面での充実を目指す。車両はキハ48系2両を改造する。定員は52席。なお、運行に伴い和倉温泉駅を改修する予定。

七尾線 1号車イメージ

七尾線 座席は赤と黒を基調とし、車内の装飾には金沢金箔や輪島塗りなどを活用する予定。イベントスペースや大型モニターを設け、車内でパフォーマンスが可能に

七尾線 2号車イメージ

七尾線 北陸の温泉文化を表現し、和風個室を設ける

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事