ニュース
» 2014年07月08日 14時22分 UPDATE

JAXAの研究拠点「相模原市」が舞台 映画「宇宙兄弟#0」とコラボしたリアル宝探し開催

相模原市エリアを捜索しながら、宇宙についても学べちゃう!

[ねとらぼ]

 小惑星探査機“はやぶさ”の故郷であり、JAXAの研究拠点がある「相模原市」で体験型のリアル宝探し「スペースフェスティバル〜宇宙研究都市で宝箱を探せ!〜」が7月19日から8月31日まで開催されます。

ah_utyu.jpg

 リアル宝探し「タカラッシュ!」を運営するラッシュジャパンとアニメ映画「宇宙兄弟#0」、相模原市のコラボレーションとなるイベント。参加者には月面着陸の日を記念した「スペースフェスティバル」において、「宇宙兄弟」の主人公である六太(むった)と日々人(ひびと)の出すヒントをもとに“宝箱の在り処”を探すというストーリーが用意されています。難解な暗号を解きながら相模原市のエリアを捜索することで、宇宙についても自然と学べる仕組みを盛り込んでおり、全ての宝箱を発見した参加者の中から抽選でトロフィーや「宇宙兄弟#0」のグッズなどが贈られるそうです。

 開催場所は神奈川県相模原市淵野辺駅周辺など。宝の地図配布場所は公式Webサイトの「イベント紹介」を参照してください。参加費は無料。

 なお、期間中の7月24日、25日には、「サマースペースキャンプinさがみはら」として、宇宙飛行士・山崎直子さんの講演会や専門講師の解説による天体観測会を開催するほか、JAXA相模原キャンパスの特別公開も予定されています。この夏は相模原市に出かけ、今年中の打ち上げを予定している進行中のプロジェクト「はやぶさ2」を盛り上げてみるのも楽しそうですね!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう