ニュース
» 2014年07月08日 18時41分 UPDATE

「乙嫁語り」の森薫さん、外務省「中央アジア+日本」対話のイメージキャラ手がける

中央アジア各国の国旗をイメージしてデザインされました。

[ねとらぼ]
画像

 中央アジアを舞台にしたマンガ「乙嫁語り」の作者・森薫さんが、外務省の「中央アジア+日本」対話10周年を記念したイメージキャラクターを手がけ、7月7日に発表式が行われました。

 キャラクターは中央アジア各国の国旗をイメージしてデザインされたもの。これによって中央アジアをより身近に感じてもらい「日本と中央アジアとの交流や相互理解を促進していく一助」にしたいと、外務省は説明しています。

画像

 「中央アジア+日本」対話は、中央アジア諸国との対話と協力の枠組みとして2004年に立ち上げられ、ウズベキスタン、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、トルクメニスタンと日本が参加しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう