ニュース
» 2014年07月09日 20時13分 UPDATE

ニトロプラス、二次創作ガイドラインを一部変更 同人誌等は「過度な営利性」なければ許容

「概ね過度な営利性がないものと判断しうるような事例」は従来通りファン活動として許容する。

[ねとらぼ]

 ニトロプラスは7月9日、物議を醸していた二次創作ガイドラインを変更した。

ah_ni2.png 「著作物転載ガイドライン」

 6月始めに改定されたガイドラインでは、同社が許容する非営利的な二次創作活動の条件として「直接販売」「販売数量の総累計数が200個以内」「売上予定額が小規模(10万円未満)」などが設けられており、条件が厳しいとの声も上がっていた。同社の小坂崇氣社長は、ガイドラインの改定は「ファン活動とは思えない営利目的の同人グッズ等」に対応する意図であり、意図と異なる表現になっていたため修正するとしていた。「非営利性の出版物等の同人活動はこれまで通りのスタンス」とも明言していた。

ah_ni1.png 「二次創作活動における同人誌等の活動に関する取り扱いについて」

 変更されたガイドラインには「二次創作活動における同人誌等の活動に関する取り扱いについて」というページへのリンクが追加されている。このページでは、同人誌等の二次創作活動について、「概ね過度な営利性がないものと判断しうるような事例」については従来どおりファン活動として許容すると述べている。個別の事例に関しては具体的に返答はしていないため「モラルの範囲内にてご判断の上、ご対応を頂ければ幸いです」とも。

 「弊社では同人誌のほか、ファンの方による二次創作活動を積極的に応援しております」(ニトロプラス)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう