ニュース
» 2014年07月11日 10時00分 UPDATE

本当に使える お米に描いた「日本一!小さい入場券」、富士急行が発売

なくさないように。

[ねとらぼ]

 富士急行は、富士山世界遺産登録1周年を記念した「日本一!小さい入場券」を7月12日より販売する。

 「日本一!小さい入場券」は2012年の「日本一長〜いきっぷ」、2013年の「日本一!高い入場券」に続く日本一きっぷシリーズの第3弾。地元富士吉田産のミルキーウェイ(日本米)の1粒を使い、長さ約5ミリの表面に入場券料金と乗車券番号、裏面に富士山をデザインした。

富士急行 あまりに小さいため、富士急行線オリジナルのキーホルダーに入れた状態で販売される

 価格は3776円(税込)。販売数は20個(以降は受注生産)。ちゃんと富士急行線富士山駅に入場することができる。有効期限は1年間。富士急行線富士山駅で販売される。

 また、7月1日に山開きを迎えた富士山の安全登山を祈願した「富士登山安全祈願入場券」も販売する。こちらは500セット限定で7月12日から販売される。料金は500円(税込)。

富士急行 富士登山安全祈願入場券

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう