ニュース
» 2014年07月13日 15時19分 UPDATE

「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を世界遺産に推薦へ

再来年決定。

[ねとらぼ]

 文化庁の審議会は7月10日、2016年の世界文化遺産への登録を目指し、「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」を推薦候補として選定した。

 今後はユネスコへの推薦書の提出後に、イコモス現地調査を経て、世界遺産委員会で審査される。

世界遺産

 「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」は、大浦天主堂とその関連施設、五島列島の江上天主堂などで構成されている。

 昨年も長崎の教会群は文化庁の推薦を受けたものの、九州や山口県を中心とした「明治日本の産業革命遺産」を日本からの推薦候補とした。

世界遺産

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう