ニュース
» 2014年07月16日 10時48分 UPDATE

学校向け「ピアニカ」が30年ぶりにモデルチェンジ 音楽の授業がさらに捗りそう

ちょっと軽く、ちょっと丸く、ちょっと便利にリニューアル。

[ねとらぼ]

 ヤマハが、鍵盤ハーモニカ「ピアニカ」シリーズの新製品「P-32E」「P-32EP」を10月1日に発売します。

photo 本体カラーがブルーの「P-32E」
photo ピンクの「P-32EP」

 学校普及モデルとして親しまれた「P-32D」「P-32DP」の後継モデルで、実に30年ぶりのモデルチェンジなんだとか。P-32Eがブルー、P-32EPがピンクのカラーを採用しています。価格は7128円(税込)です。

 改良点の1つは、ボディの形状です。立奏でも子どもの手にフィットしやすいよう、丸みのあるデザインに改良されており、重さは従来より50グラム軽くなりました。

 また、演奏用パイプも新たに開発。新採用のクリップに長いパイプを挟むことで、パイプの長さが調節可能になりました。クリップを使うことで吹き口を宙に浮かせて固定できるようにもなったので、衛生面でも安心です。

photophoto クリップが便利そう

 そのほか、ケースの形状も見直し、名前シールを貼るためのスペースなどが新たに設けられています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう