新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月16日 13時36分 UPDATE

GoogleとAdobe、日本語・中国語・韓国語に完全対応したオープンソースフォントを発表

Googleは「Noto Sans CJK」として、Adobeは「Source Han Sans」として配布しています。

[ねとらぼ]

 GoogleとAdobe Systemsが、日本語、中国語、韓国語に対応したオープンソースのフォントファミリーをリリースしました。Googleでは「Noto Sans CJK」として、Adobeでは「Source Han Sans」として配布しています。ライセンスはApache License, version 2.0に準拠しており、誰でも無料で利用できます。

photo 繁体字中国語、簡体字中国語、日本語、韓国語をカバーしています(最下部の英語は、Source Sansファミリーのもの)

 全言語への対応を目指すオープンソースフォントファミリー「noto」を展開するGoogleが、独自のオープンソースタイプフェースの開発に着手していたAdobeに働きかけて生まれたのが今回のフォントです。繁体字中国語、簡体字中国語、日本語、韓国語を完全にカバーした上で7種類のウェイト(太さ)を用意した、かなり充実した内容となっています。

photo 7つのウェイトが利用できます

 各国のフォントは同じスタイルでデザインされており、同時に使っても統一感が損なわれないのも特徴です。なお、日本語フォントの開発は、書体の開発・制作を手がけるイワタの協力のもとでAdobeのフォントデザイナーである西塚涼子さんが作りあげました。さらに、ハングル文字は韓国のSandoll Communication、中国向け漢字はChangzhou Sinotypeとのパートナーシップのもとで開発しています。

photo 左から簡体中国語、繁体中国語、日本語、韓国語における文字

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

FEATURES

編集部からのお知らせ:

ねとらぼとネイティブアドのことがよく分かる「ねとらぼメディア説明会」。第2回を9月2日に開催します。奮ってご参加ください!

オーストラリアの交通事故委員会(TAC)が中心となって製作しました。

ファッションブランド「Black Milk」の水着がすごく……透けてます。

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事