ニュース
» 2014年07月17日 10時55分 UPDATE

名簿業者・文献社は「不正な情報と認識せず」 ベネッセ情報流出問題でコメント

ジャストシステムに流出情報を販売した名簿業者がコメントを発表しました。

[ねとらぼ]

 ベネッセコーポレーションの顧客情報流出問題で、流出情報をジャストシステムに販売した名簿業者・文献社は7月16日にコメント(PDF)を発表し「不正な流出情報が含まれていたという認識は全くなかった」と説明した。

画像 文献社のサイト
画像 ジャストシステムの7月11日付けの発表によると、同社は文献社から5月に257万3068件のデータを購入した

 文献社によると、今回の事件で流出した顧客情報を含むと思われる情報は、以前より取り引きのあった「株式会社パンワールド」(東京都武蔵野市)から「正当に入手」したものだという。しかし今回の事態を受けて「情報管理システムの見直し、強化・徹底を行い、商品の安全が確認されるまで、当面お取引を停止」するとしている。

 また「弊社としましても、心ならずも風評被害等に晒され、取引先関係者各位に多大なご心配・ご迷惑をおかけしておりますことを、まずは深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 この問題では、ベネッセの顧客のデータベースの保守管理を担当していた外部業者の派遣社員が個人情報を流出させた疑いが強まったとして、警視庁がきょうにも不正競争防止法違反の疑いで逮捕する方針と報道されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー