ニュース
» 2014年07月17日 11時17分 UPDATE

もしもディズニー映画の悪役に子孫がいたら……そんなコメディ作品が日本初放送 マレフィセントの娘らが登場

悪役の子どもはやっぱり悪役なの? 前代未聞のコメディ作品!

[ねとらぼ]

 ディズニー名作映画に登場する悪役の子どもたちが主人公となったディズニー・チャンネル・オリジナルムービー最新作「Descendants」(原題)を、2015年にディズニー・チャンネルで日本独占初放送することが決定した。

画像 (c)Disney  左上:ジェイ、左下:マル、右上:カルロス、右下:エビー

 「Descendants」は「もしディズニー・キャラクターに子孫がいて、彼らが10代だったら?」という斬新な発想から生まれたコメディ作品。主人公は、「マレフィセント」の一人娘・マル。また悪役の子どもたちとしては「アラジン」からジャファーの息子・ジェイや「白雪姫」の邪悪な女王の娘・エビー、「101匹わんちゃん」よりクルエラ・デ・ヴィルの息子・カルロスが登場する。

 ディズニー・キャラクターの子孫はその他にも「美女と野獣」の息子・ベンや「シンデレラ」の息子・チャド、「白雪姫」よりフェアリー・ゴッドマザーの娘・ジェーン、「眠れる森の美女」からはオーロラ姫の娘・オードリー、「ムーラン」の娘・ロニーらが登場する予定となっている。

 物語は“悪役の子どもたち”がベンやチャドらと同じ学校に通うことを許されるところから始まるという。悪役の子どもはやはり悪役なのか……? ディズニー・ヴィランズのファンならずとも大注目の作品となりそうだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう