ニュース
» 2014年07月24日 10時23分 UPDATE

オフィスのエアコンが効き過ぎて寒い! 夏の冷え性を解消するヨガのポーズ

オフィスが寒くて……という人にお勧め。ヨガで冷えを解消しましょう。

[取材・撮影・文 / 姫野ケイ 編集協力 / 岡徳之,ねとらぼ]

 暑い日々が続いていますね。外は30度近い気温なのに、オフィスの中はエアコンで冷え冷え。スーツを着て汗をかいている男性社員と、震えている女性社員との間で、エアコンの設定温度をめぐる静かな戦いが起こっている職場もありそうです。ヨガインストラクターのなつみ先生に手軽にできるヨガを教えてもらう本連載。今回は、エアコンによる夏の冷え性を解消するポーズです。

 エアコンは当たり過ぎると自律神経が狂い、内臓が弱ってしまいます。また、首、手首、足首を出していると血行が悪くなります。足湯につかったり、気付いたときに足首を回したりすると血行促進が促され、冷えを予防につながります。

動きのある前屈

1. 足は肩幅に開き、両手をまっすぐ下ろして立ちます。

ah_yoga1.jpg

2. 大きく息を吸い、伸びをする感覚で両手を上に上げます。

ah_yoga2.jpg

3. 息を吐きながら、前に飛び込む勢いで前屈をします。

ah_yoga3.jpg 足が突っ張って痛い人は、軽く膝を曲げてもかまいません

4. 呼吸を5回します。お腹が太ももに当たっているので、腹式呼吸ができているか確認しましょう。

5. 息を吐ききったら、起き上がって両手を上げて、吐きながら元の姿勢に戻りましょう。

ねじりのポーズ

 内側から冷えを予防するためには、内臓をひねるポーズが効果的です。

1. 長座(足を伸ばした格好)で座ります。

ah_yoga4.jpg

2. 片膝を曲げ、反対側の腕を曲げた膝の上に乗せ、体をねじります。膝に乗せていない方の腕は、後ろで体を支えます。

ah_yoga5.jpg

3. 呼吸を3回します。

4. 息を吸いながら体を正面に戻します。息を吐きながら足を伸ばし、最初のポーズに戻ります。

ねじりを加えた前屈のポーズ

1. 長座で座ります。

ah_yoga6.jpg

2. 片脚を曲げ、外に倒します。

ah_yoga7.jpg

3. 伸ばしている方の足に向かって、腰から体を曲げるイメージで、息を吐きながら体を倒します。

ah_yoga8.jpg 曲げ方を深めたいときは、一度大きく息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら前屈を深めましょう

4. 3回呼吸したら、息を吸いながら起き上がり、吐きながら長座に戻ります。

 これからどんどん気温が上がっていきます。熱中症予防のためにも適度なエアコンは必要です。今回の冷え性ヨガのポーズを試して、エアコンとうまく付き合ってくださいね。

取材協力 / ヨガインストラクター なつみ

取材・撮影・文 / 姫野ケイTwitter


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

自分がツインテールのかわいい女の子だと思い込んで「首都圏外郭放水路」の取材をレポートする

えんやの銭湯イラストめぐり:

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー