ニュース
» 2014年07月25日 17時50分 UPDATE

マクドナルド、すべての中国製チキン商品を販売中止 タイ製へ切り替え

タイ製への切り替えにより、品切れが発生する可能性があるとしています。

[ねとらぼ]

 日本マクドナルドは7月25日、仕入れ先の中国食肉加工会社が使用期限を過ぎた鶏肉を使っていたことを受け、客の不安に対応するため、すべての中国製チキンの調達をやめ、中国製チキン商品の販売を中止した。今後はタイ製に切り替える。

 対象商品は「チキンクリスプ」「チキンエッグマフィン」「チキンクリスプマフィン」「チキンフィレオ」「チキンフィレオ ハバネロトマト」「シャカチキ」「チキンマックナゲット」と、7月30日発売の「チキンタツタ」。

画像

 タイ製への切り替えにより店舗によって在庫状況が異なるため、多くの店でチキン商品の品切れが発生する可能性があり「お客さまにはご不便をおかけすることを、お詫び申し上げます」とコメントしている。

画像 マクドナルドのトップページには大きくお詫びが

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう