ニュース
» 2014年07月28日 08時30分 UPDATE

金額じゃなく「気持ち」で勝負する世界初のオークション

「感情の強さ」を測って、一番強い人が勝ち。そんなユニークなオークションが開かれました。

[ねとらぼ]

 オークションの勝ち負けを決めるのは普通は金額ですが、「感情の強さ」で落札者を決める一風変わったオークションが6月にスウェーデンで行われました。

ah_auction1.jpg

 オークションを開いたのはガラスメーカーのKosta Boda。合計で2万5000ユーロの価値のあるガラスアート3作品に、およそ300人が入札しました。入札者は作品を見ないまま、事前に入札額を決めておきます。当日に心拍数や電気皮膚反応(GSR:感情的興奮による皮膚の変化を測定)を測定するセンサーを身につけて、アート作品と対面。センサーで測定した数値が高かった人3人が落札者に選ばれました。

ah_auction2.jpg 落札者の1人となった女性。作品にかなり強い感銘を受けたよう

 Kosta Bodaは、「アートは、作品に対して最も強い感情を持つ人が所有するべき」としています。その考えにぴったりと合ったオークションのやり方ではないでしょうか。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やしろあずきの日常―― どうしても定時で帰りたいときに使える技をまとめてみた

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー