ニュース
» 2014年07月28日 11時43分 UPDATE

気象庁、ゲリラ豪雨対策が捗る「高解像度降水ナウキャスト」の提供を発表 250メートル四方・30分先までの予測が可能に

8月7日からスタート予定で、スマホ用ページも提供されるそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 気象庁は8月7日午後1時から、「高解像度降水ナウキャスト」の提供を開始すると発表した。局所的で短時間の降水域の分布を解析・予測するもので、ゲリラ豪雨の対策などに役立てることができる。


画像 高解像度降水ナウキャストの提供を開始します(気象庁)

 従来の「降水ナウキャスト」では5分おき・1キロメートル四方の降水域の分布しか表示されなかった。が、今回新たに提供される「高解像度降水ナウキャスト」では、30分先までなら250メートル四方での降水域の分布を調べられ、きめ細かい降水情報を入手できるようになった。


画像 いつどこで豪雨がくるのか、より正確に分かるように

 また、新たに画面の拡大縮小機能もつき、スマートフォン用のページも提供されるという。出先で雲行きが怪しくなってきたときでも、すぐに調べることができそうだ。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

やわらかスピリッツ×ねとらぼ:マンガ「プリンセスメゾン」出張掲載&ドラマ版レビュー

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー