新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月28日 21時04分 UPDATE

ゲーマーの夢を実現!? 走る、しゃがむ、ジャンプなど実際に動いて操作できる「Virtualizer」

Oculus Riftと組み合わせることでより没入感が!!!

[ねとらぼ]

 実際に体を動かして操作する新型ゲームコントローラー「Virtualizer」(バーチャライザー)が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で支援を募っています。目標金額は25万ドル。締切は9月1日ですが、すでに20万ドルを超える出資が集まっています。

画像 Virtualizer
画像

 「Virtualizer」は、オーストラリアのCyberith社が2012年から進めているプロジェクト。円形の平らなプレート上でのユーザーアクションを、センサーが検知しゲーム内に反映する仕組みです。腰にリングを装着することで、ルームランナーのように歩行・走行に加え、座る・しゃがむ・ジャンプといった上下の動作にも対応。動作認識は非常に正確で、誤差は1センチ未満だとしています。なお、摩擦の問題から、使用時には靴下を着用するそうです。

画像
画像

 同マシンは単体での使用も可能ですが、Oculus Riftと組み合わせることでより没入感のある体験ができるとしています。YouTubeにプレイ動画が複数投稿されています。実際に走って移動するのは中々大変そうですが、確かにとんでもなく面白そう! 値段は送料別で599ドルから。数量限定で何バージョンか用意されています。

【値段】

  • 599ドル センサーなし。自分で追加する必要があり、開発者・研究者向け。
  • 699ドル センサーありのフルバージョン。先着150人。※売り切れ
  • 749ドル 内容は699ドルと同じ。先着1150人。
  • 949ドル 振動機能付き。先着150人。
  • 999ドル 内容は949ドルと同じ。先着55人。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事