新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年07月29日 17時15分 UPDATE

対戦相手にプレゼンをする異色プロレスラーの「煽りパワポ」が本格的すぎると話題に

エリートビジネスマンかな?

[ねとらぼ]

 プロレスに欠かせないのが相手レスラーを煽(あお)るマイクパフォーマンス。この煽りを「パワーポイント」を使ったプレゼン形式で行ったレスラーが登場して話題になっています。



 この「煽りパワポ」を披露したのが、DDT後楽園ホール大会に登場したスーパー・ササダンゴ・マシン選手。チャンピオンのHARASHIMA選手に挑戦するにあたり、「KO‐D 無差別級王者になりたい」という研究テーマでプレゼンを行ったのですが、その内容がやけに本格的なものなのです。


画像 「着座にて失礼します」と挨拶も丁寧なササダンゴ

 アンゾフの成長マトリックスによって「チャンピオンに勝つためには新必殺技の開発が必要」と分析したスーパー・ササダンゴ・マシン選手。別の対戦で新技の「臨床実験」を実施した結果、1回の攻撃で相手の体力を35%減少させる効果があることが分かったそうです。これをグラフにすると2009年のリーマンショックで国内金型生産額が35%激減した現象と酷似していることから、新必殺技を「垂直落下式リーマンショック」と命名。「この技を3回成功させ、HARASHIMA選手の体力を105%減少させれば必ずHARASHIMA選手に勝てる」と結論を発表しました。


画像 ツッコミ所が多すぎるスライド

画像 分析がやたら本格的

画像 最後の計算だけ急に雑になった!

 覆面レスラーがリングサイドでPCを操作するという斬新な煽りに会場も大盛り上がり。ちなみにこの後の試合で、スーパー・ササダンゴ・マシン選手は見事に3回の垂直落下式リーマンショックを決めましたが、試合には負けたそうです。負けたのかよ!


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ねこ漫画「チーズスイートホーム」

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー