新着記事一覧

新着記事一覧

ニュース
» 2014年08月04日 13時10分 UPDATE

「ほぼ日刊イトイ新聞」初のリアル店舗「TOBICHI」がオープン! ほぼ日の「飛び地」が表参道に

イベント会場やギャラリーとしても使われるそう。

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 糸井重里さんが主催するWebサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」が、初のリアル店舗となる「TOBICHI」を8月2日、表参道にオープンした。インターネットのコンテンツをリアルでも楽しめるように、というコンセプトのもと、同サイトが企画した展示会やイベント、物販などが行われる。名前の由来は「ほぼ日の“飛び地”」から。


画像 ほぼ日、初の店舗となる「TOBICHI」

 催し物があるときのみの開店で、開店時間や展示内容もコンテンツに応じて変わる。現在は8月2日から10日まで、第1回として伊賀焼を代表する窯元「土楽窯」の7代目当主、福森雅武さんによる陶芸作品や生け花などの展示を行う。活動内容は「ほぼ日刊イトイ新聞」でも取り上げていく予定。


画像

画像

画像

 今後は「大坊珈琲店」店主・大坊勝次さんによる「いちにちだけの大坊珈琲店(仮)」、「ほぼ日手帳 2015」のラインアップ展示会なども予定しているとのこと。スケジュールについては「TOBICHI」のサイトから確認することができる。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のアイコン

注目のアイコン

「ITAN」×「ねとらぼ」コラボマンガ

ねとらぼがスマホからも見れる!

過去記事カレンダー

オススメ記事